山本春花のフォトブログ
World Photo Relay







FUJIFILMのコンデジ、FINEPIX F800を使って撮った写真をFacebookにアップして、
三日以内に次の方に渡すというイベントに参加させていただきました。
日本は全部で四チームある中の、Aチームです。


World photo relayという名前の通り、世界対抗の形を取っていて、韓国、香港、ロシア、フランス、カナダ、
などなどいろんな国が参加しています。

本当にひょんなことから、233写真部部長の星野さんからカメラを渡していただけることになり、わたしは鹿野貴司大先生にバトンをパスしました。

星野さんから選んでいただいた理由、zine部発足と関係してるのかな、とか色々考えてたんですが、
お話をお伺いしたところ、ポスカ展とか御苗場とかに出した写真をちゃんと観ていただいていたようで、
かつ次の人にちゃんと回せそう、とか、星野さんからしか回せなさそうな人選にしたそうです。

鹿野大先生もおっしゃってましたが、
意外とこのイベント、渡したい人がFacebookをやってない、とか、
性格的に次に回してくれないかも、とか、考える。
それがまたおもしろいなーと思ってました。

わたしが次渡すことを考えたとき、他二人掠めてる方がいるのですが、
わたしが鹿野大先生に回した理由はナイショです(笑)


そんなこんなで三枚。
全部で十枚アップできるのですが、
三日使って、ちゃんと納得できるものを提出しました。

鹿野大先生の作品観てると、枚数もクオリティも、あー流石だなーって思う(上から目線か)


今までちゃんと展示とかイベントとか、参加してきたからバトンが回ってきて、
わたしの写真を作品として世界の方々に観てもらえる。
予想外にイイねをいただけて、自分の写真に自信がついてきました。

わたしは写真学校に通ってるわけでも、生活をかけて写真を撮っているわけでもないけど、
写真を撮るときに考えていることとか心がけてることがあって、それが少しでも伝わったのかなっと嬉しい気持ちです。

素晴らしい機会を与えてくださったみなみなさまに感謝してます。

ゼヒサイトを観てみてください。

http://www.world-photo-relay.com/
photo* comments(2) trackbacks(0)
Comment








233zine部の鈴木です。
まうもとさんは写真を撮るときの思いが伝わって、それが自分を広げていくことにつながっているんですね。素晴らしい! うらやましいです。
私の場合、それがなかなか・・・。センスはあると思うんですが、営業努力が不足してますかね(>_<)
from. 道草屋鈴木 | 2012/11/21 00:22 |
鈴木さん
コメントありがとうございます。
あまり表沙汰にして言うのも何ですが、営業努力は狙ってしています。人一倍気にしています。
それは、人とつながりたいと思うからです。好きな人に、わたしの写真を見てもらいたいから。
そうしたら自然に広がっていくものだとわたしはおもいます。
from. まうもと | 2012/11/29 01:20 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://haruka146.jugem.jp/trackback/195
<< NEW | TOP | OLD>>